・・・ワンコと南下中 #026 – 4・・・   

2017-05-21 はれ
チョット広い砂浜からの続き
 

油壺湾を奥へと進む途中で偶然に太平洋戦争時と思しき壕らしい遺構を目の当たりにすると

ワンコが見上げた後に諸磯湾方向へと戻ろうとするし潮の満ち方も気に成るので引き返して

チョット広い人の居ない砂浜でワンコと遊んでから・・・って長い?

で休憩後に取り敢えず諸磯湾の奥迄戻る事に  

  

帰りも岩場を駆け回りゴキゲンなワンコ

  

又しても太平洋戦争時と思しき遺構で又しても見上げるワンコ 

 

岩場では先端部へ行き沖を眺める事が多いワンコが今回は対岸が気になるらしい 取り敢え

ず対岸の切りが良い辺りへ向う事に 

 

潮が満ちて来て気掛かりだったのが此の辺り特に右画像辺り 左画像のワンコが立って居る

辺りは水没しても岩場の上部を通れるけれども右画像辺りは水没したら上部の藪を掻き分け

て進むか海に入るしか無い感じ でもマァ結果的には戻るのが早過ぎた感じで海沿いを進む 

  

岩場を通り過ぎた砂浜でチョット遊んだ後は帰りにも造船所の敷地を通らせて頂いた



       * (有)油壺造船所 様 この度はありがとうございました *

 

造船所を過ぎた砂浜で長めな休憩 

 

砂浜で寛いでから素掘りのトンネルへ

 

此方は間違い無く太平洋戦争時の遺構を見上げるワンコ

*細長い諸磯湾と並行する様に掘られたトンネルの中間辺りで諸磯湾方向(両画像右方向)へ 

 

と短いトンネル(左画像)が在り其の先にも空間が広がっていましたが色々な意味で怖いの

で其方へは進みませんでした* 

 

トンネルを抜け漁船の置場辺りでも遊び諸磯湾の奥へ と言っても直だけれども

 

ワンコが立って居る下が諸磯湾の一番奥です 別角度だとコンナ感じ 右画像右端の白い建

物の向う側に「漁船置場」⇒「素掘りのトンネル」⇒「造船所」⇒「油壺湾」と進み戻った

道が在ります

 

諸磯湾の造船所や素掘りのトンネルが在る対岸となる此方側は擁壁横に相模灘方向へと向う

真っ直ぐな道路が在りワンコ先行で先端(左画像左方向・右画像奥)へと進む

*左上画像の中央奥辺りが左画像 右端が諸磯湾奥で上の画像でワンコが立って居た辺りで

 ガードレールの向う側が油壺湾奥からワンコと進んで来た「西海岸線」 油壺湾は左画像

 奥の森の更に向こう側辺り*  

 

途中で何と無~く立ち止まるワンコ 先程に対岸となる造船所先の岩場からワンコが眺めて

いた擁壁先端辺りに到着 更にチョット道は続くけれども先を左へ直角に曲がる道の内側に

在るマンション前にクルマや人が集まりBBQの準備中だったので今回は切りが良い此方迄

 

*左画像中央辺りが(有)油壺造船所さんです チョット右を向くと右画像中央辺り奥の少し

 左に素掘りのトンネルが在ります*



で無理やり繋げるとコンナ感じ 結構湾曲したけれどもマァ雰囲気だけでもネェ

*非常に解り難いですが手前に広がるのが諸磯湾で画像の左から3分の1位の奥が油壺湾

で諸磯湾の向う側に右方向へと広がり両湾共に右方向が奥になる細長い入り江で左先は

相模灘で右先は三浦市街方向です*

*ワンコの頭上に半円状に見える左端辺りは「荒井浜」その右の少し平らに見えるのが

「東京大学三崎臨海実験所旧本館」更に右辺りに「油壺験潮所」が在り「市営駐車場」

は其の上辺り*

  ・・・・勢いで此処迄来たけれども「市営駐車場」迄戻らないと帰れない・・・・

 

で市営駐車場を目指し帰路へ で直に何気無~く先程と同じ所で立ち止まるが直に擁壁上を

進むワンコ *右画像右奥は諸磯湾に在りますが油壺京急マリーナです*

 

諸磯湾奥のチョット手前で何やら眺めるワンコ 方向的には「素掘りのトンネル」・・・・

帰路での画像は殆んど無いけれども諸磯湾奥から「西海岸線」へ出て油壺湾奥へと道なりに

進み「油壺公園」先のボート・ヨットのサービスショップ「油壺ボート・サービス」さんの

前迄到着 海岸沿いを進む際に一番困るのがマァよく在るコンナ感じの所 「油壺ボート・

サービス」さん前は擁壁が在り敷地が判り易かったけれども満潮時・前後で砂浜・岩場等が

沈んでいて擁壁が無いと敷地の境界が判らなくて困るよネェ 敷地・建物に人が居れば声を

掛けたり出来るけれども居ないと敷地内に勝手に入れないしネェ

油壺公園で休憩して細くて急な坂を上り市営駐車場へ到着 油壺湾から戻るのが早かった所

為か帰るには時間的に中途半端な感じなので取り敢えずワンコのお気に入りの横堀海岸へ

 

の途中に市営駐車場向いの広場に寄り道 前方を眺めているワンコが物音に反応して振り返

った 何方だろう自然なのは 呼んで振り返ったのでは無いので両方とも自然かぁ・・・ 

 

横堀海岸へ到着 今回は岩場を駆け回った所為か距離的な問題か砂浜をチョット走っただけ

でお疲れの様子

 

休憩しつつボンヤリとした時が過ぎ駐車場へ戻る

 

市営駐車場で持参したマイマット上でワンコが夕食を済ませて寛ぐ間に帰りの支度をして

6時35分駐車場を出発⇒県道216線⇒県道26線⇒国道134号線⇒林IC⇒三浦縦貫道⇒衣笠IC

⇒横浜横須賀道路⇒保土ヶ谷バイパス⇒東名横浜・町田IC手前から裏道で7時40分帰宅
今回は部分的にしか進めなかったので次回に同じコースを走破する予定

で今回は本当に下調べとなった

横堀海岸                                17:46
続く・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
                  ・・・・               16:40 

そうそう「素掘りのトンネル」って呼んだけれども正式な名称が有ったりするのかナ?

          ・・・・怖かったりもするのかナ?・・・・
カテゴリー: ワンコと南下中   パーマリンク

コメントは受け付けていません。