Truck Masters FINAL / FEA  #1


 
今年は 『トラック・マスターズ』 と 『幸手クラシックカーフェスティバル』 の日程が
重なりチョット残念でしたが 「YEAR CAR」 が 「El-Camino & 620」 なので
セダンを借りて「お台場」の方へ
 
 
9時前に入場するとイキナリって感じで入口横には巨大なのが御出迎え ?
 
で、その真横には、車高もステップサイドも良い感じな1台、
更にホイルもペイントもキレイでイイ感じ
 
数台横には、ボディもホイルもペイントもキレイなのも、因みにSSでした
 
ソフトなカバーにはホックが35個、荷物を仕舞い忘れたら大変な事に・・・
って、後だけ外せば良いのかぁ
 
各部分、確りと手が入っていたけれども完成かナ?ペイントかナ?
此の儘でも良いか?
 
実車は初めて観ましたが想像よりはゴツイ感じは受けませんでした、
でも大きいです
 
遥々函館からエントリーのクルマ屋さんはH2にType-Ⅱで2繋がりかナ?
 
ユル~い雰囲気が良い此方、テールゲートをテーブルに親子でお勉強中でした
 
WhiteDiamondブースのコレ、
U.S.チックだけれども何故か若干、和を感じるのは自分だけかナ?
 
懐かしい感じのペイント・スタイルですネ、
でも、今観てもイイ感じ、最近造ったのかなぁ
 
コレも懐かしい感じ、
70年代のコノ型は状態の良いのを今探すとなると大変だろうネ
 
当日、一番背が高かったクルマ・・・
 
と、一番長かったクルマ・・・タブン !?
  
続く。

  


クルマのオーナー・関係者 さま
勝手な事を書きましたが、他意は全くございません

カテゴリー: TRUCK MASTERS   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。